トップページ数学の勉強法>解法暗記(数学)

解法暗記(数学)

数学には「解法暗記」が一番だと思っています。というか数学ができる人はみんな無意識に「解法暗記」をやっているのです。

例えば小学生のときに学校ですごく算数ができる人がいたと思います。周りのみんなは算数ができない人が多いのでその子を天才呼ばわりします。しかし私に言わせて見ればその子は天才なんかではありません。

ではなぜ算数の問題が解けるかというとその子はその問題を以前に見たことがある、もしくは似たような問題をやったことがあるからです。塾や公文、ベネッセなどで見たことがあるから解けるのです。

つまりその子は前もってその問題を解いたことがあるため、それを思い出して問題を解いているだけなのです。しかし周りの子はその子が前もって問題を解いていることを知らないので、その問題を見た瞬間に解き方が思いつくもんだと思いその子を天才だと勘違いするのです。

しかも不幸なことに周りの人はその子のまねをして問題の解き方を思いつこうと一生懸命考えます。しかし良い解き方なんて思いつくはずもなく、いらいらして算数が苦手になっていくのです。

私が何を言いたいかというと、数学(算数)は考えるものではなく暗記するものであるということです。問題の解き方を知らないのに問題が解けるわけがありません。

つまりその子は無意識に前もってやった問題の解法を暗記していたのです。その解法を無意識に利用して問題を解いていたのです。

このプロセスを意識的にやるのが「解法暗記」なのです。もちろん答えだけを丸暗記するのではありません。解法を暗記して問題の数字を少し変えられたり、問題自体が少し変わっても解けるようにするのです。

トップページ数学の勉強法>解法暗記(数学)     次(解法暗記の具体的な方法(数学) 砲

大学情報なら日経進学ナビ!!高校生のための大学進学情報サイト。詳細はこちらより inserted by FC2 system