トップページ物理の勉強法>夏休みの勉強法(物理)

夏休みの勉強法(物理)

夏休みは受験勉強を成功させるためのターニングポイントになります。夏休みにどのような勉強をするのかが合否を決定するといっても過言ではありません。

多くの人は予備校の夏期講習をとると思いますが、本気で合格したい人は夏期講習なんてとってはいけません。あれはお金と時間を無駄にするだけです。

というのも夏休みには必ずやってほしいことがあるからです。

それは過去問の分析です!!

多くの人は過去問は受験の直前にやると思っていますがそれでは遅いです。なぜなら過去問を分析した後にはその大学の問題傾向に即した勉強をしなければならないからです。

もしも受験の直前に過去問を解いたとするとその後に問題を解く時間がありません。もし今まで自分がやってきた問題の傾向とその大学の問題の傾向が違っていたらもう終わりです。

ですから過去問は時間のある夏休みにやってもらいたいのです。

やる期間は1ヶ月間です。私は8月を全て過去問分析に当てていました。

物理に関しては1日2時間を使ってください。解く順番は第一志望の大学の新しい年度からです。

まず自分で本番と同じように解いてみます。物理の場合は大問2〜3問ぐらいですからその中には少しぐらい解ける問題が含まれているでしょう。

自分で解けそうな問題を選んでそこから解いてみてください。

解き終わったら答えあわせをします。物理の場合も数学と同じように全ての問題の解法を暗記してください。解法を暗記することで自分がこれからどのレベルの問題まで勉強すればいいのかがわかるのです。

しかし物理では大問の最後のほうの問題にとてつもなく難しい問題が出てくることがあります。このような問題は解説を読んでもわからないことが多いです。もし出てきたら飛ばしてください。考えるだけ時間の無駄になることがあります。

現時点では3〜4割ぐらい取れていれば上出来です。あまり点数を気にすることなくリラックスして問題を解いてみてください!!

トップページ物理の勉強法>夏休みの勉強法(物理)     次(冬休みの勉強法(物理)へ

過去問を買うならこちらです!!

inserted by FC2 system