トップページ数学の勉強法>細野本について(数学)

細野本について(数学)

大学受験で数学をやっている人は1度は聞いたことあるでしょう細野真宏の本はどのような本なのでしょうか?

細野真宏の本(細野本)は以下のような本が出ています。

細野真宏の積分〈計算〉が本当によくわかる本

細野真宏の微分が本当によくわかる本

他多数。

正直に言うと私はこの参考書は使ったことがありません。なぜならこのシリーズは問題数が少ないからです。私の数学の勉強法は解法暗記が中心なので、問題数の多い参考書を使う必要があったからです。

この参考書は問題を解くというよりも、その単元の原理を理解するのに使う参考書みたいです。ですからこの参考書を使うのであったら次のようにするのが一番であると思います。

それはまだ学校でやっていない範囲を解法暗記でやる時に、何も知識がないまま解法暗記をするのではなく、ちょっと細野本で内容を確認してからやってみるのです。

高校1・2年生がまだ学校でやっていない数掘Γ辰魏鯔^典で勉強したいときに、大まかに内容を確認するために使うのがこの参考書の最適な使い方でしょう。

私はこの参考書を使ったことがないのでここまでしか書けませんが、時間に余裕があるのなら使ってみるのもいいと思います。自分で本屋で立ち読みしてみてください!!

トップページ数学の勉強法>細野本について(数学)      次へ

inserted by FC2 system