トップページ数学の勉強法>公式について(数学)

公式について(数学)

数学には多くの公式があります。しかしこの公式を覚えないと問題を解くことはできません。

皆さんはどのように公式を覚えているでしょうか?

実は数学の公式はそれだけを覚えようとしても実際に使えるようにはなりません。公式は覚えているのにどのように使っていいのかわからないという状態がこの状態です。

このような状態を防ぐためには問題をやりながら公式を覚えてしまうのが一番いい方法です。

つまりその公式が入っている問題をそれごと覚えてしまえばいいのです。そうすればその公式の使い方も覚えてしまうことができます。

「問題を解いている間にいつの間にか公式を覚えていた」という風になるのが一番良いのです。

実際は解法暗記をしっかりやっていれば自然と数学の公式は覚えることができます。「黄チャート」の例題を全て覚えれば数学の公式も全て覚えることができるのです。

しかし「黄チャート」の例題を解いているときに初めて使う公式が出てきたときは話が別です。

このときは公式を知らないと問題を解くことができないので少し数学の教科書の公式を見てから問題を解いてみてください。そうでないと×がつく問題が多くなってしまって復習のとき大変です。

公式を見ながら問題を解くと少しずるをしているような気分になりますがそんなことはないです。大切なのはその公式の使い方を覚えることですから、まずはその使い方になれる必要があるのです。

多くの問題を解いていくうちに公式を見なくても解けるようになってきます。1年間しっかりと数学の問題を解いていればいつの間にか公式は覚えてしまうものなので、なかなか覚えられなくても心配しないでください!!

トップページ数学の勉強法>公式について(数学)    次(センター試験について(数学))へ

【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

inserted by FC2 system