トップページ数学の勉強法>計算について

計算について

数学のテストでは計算ミスが命取りになります。いくら解き方があっていても計算が間違っていると大幅に点数を引かれてしまいます。

では計算ミスを少なくするためにはどうしたらいいのでしょうか?

はっきり言って計算ミスを少なくするような小手先のテクニックは存在しません。せいぜい計算をした後の見直しをしっかりするぐらいで、抜本的な解決方法はないのです。

しかし計算はやればやるほど早くなりますし、だんだんミスも少なくなってきます。ですからできるだけ多くの計算をすることしか計算ミスを少なくする方法はないのです。

しかし別に特別に計算問題の問題集をやる必要はありません。普段使っている参考書の計算をしっかりやればいいのです。

なのでもし貴方が問題を解くときに問題の解き方だけ示して計算を省略したり電卓で計算していたりしたら、それはやめてください。計算を省略する習慣がついてしまうと計算力はどんどん下がってしまいます。

計算をしっかりやるのはめんどくさいですし疲れます。しかし普段から計算に慣れておかないとテスト本番だけしっかりやろうとしてもできません。

テスト本番では難関大学であればあるほど複雑な計算が多く出てきます。これは普段からしっかりと計算問題を解いているかどうかを調べるためなのです。

計算力は努力すれば必ずついてきます。普段から意識して問題を解きましょう!!

トップページ数学の勉強法>計算について     次(数学の参考書)へ

inserted by FC2 system