トップページ勉強法全般>大学受験当日について

大学受験当日について

今日は受験当日の話をしたいと思います。



まず一番大事なのは前日の夜に早く寝ることです。というよりも早く布団に入る
ことです。



受験の前日は誰でも緊張します。ですから寝ようと思って布団に入っても多分す
ぐには寝れません・・・。



ですのでいつもよりも早めに布団に入っていないと、布団に入っている時間は同
じでも寝た時間は少なくなってしまうのです。



次の日のテストが心配な気持ちは良くわかりますが、いつもよりは30分ぐらいは
早く寝てみてください。



そして受験当日です。



受験当日はいつもよりも早めに起きて余裕を持って朝ごはんを食べるようにして
ください。栄養のバランスにも気をつけて、よくかんで食べる事が大事です。な
ぜならよく噛むことで頭が良く働くようになるからです。



そして受験会場には必ず時間に余裕を持って行ってください。もし時間が余って
もあっちで勉強すればいいのです。くれぐれも遅刻なんてないように。



あと会場についたらテストが始まるまでは寝たりしないで最後の1秒まで無駄に
せずに勉強してください。受験では直前に見た問題がテストに出たりすることも
あります。しかも直前の時間は集中しているので勉強にはもってこいなのです。



英語だったら単語や熟語、数学だったら解法暗記に使った黄チャートなど基本的
な問題を復習するのが良いと思います。新しい参考書などはやらずに、自分が今
まで使ってきた参考書を復習してみてください。



以上のことに気をつけていれば受験本番は普段どうりの力を発揮できる準備が整っ
たことになります。あとはどれだけ落ち着いて問題を解けるかです。


次のような言葉を聞いたことがあります。


「練習のときは試合のように、試合のときは練習のようにプレーをしなさい」



受験本番は特にリラックスして望むようにしましょう!!

トップページ勉強法全般>大学受験当日について     次(センター試験後の勉強法)へ